ブログトップ

木から落ちた猿

gatotkaca.exblog.jp

タグ:バタリ・ドゥルゴ ( 1 ) タグの人気記事

ワヤンでのバタリ・ドゥルゴ その2

 ワヤンの演目においてバタリ・ドゥルゴは、主にパンダワに対する敵対者、あるいは試練を与える者として登場する。彼女が直接手を下した場合は、スマルが神性啓示して撃退することが多く、ほとんどが同工異曲のチャランガンである。以下に、その1ではふれられていないドゥルゴの登場する演目の演目名(これが全てではもちろんない)と、その際の彼女の役どころを記す。なお、たびたび登場するデウォスラニ Dewasrani はドゥルゴの息子である。(父は判然としないが、バトロ・グルであるという説も有力である)

Yamawidura Krama ヨモウィドゥロの結婚
 デウィ・パドマリニをめぐるヨモウィドゥロとデウォスラニとの争い。破れたデウィスラニを救出する。
Parta Krama パルト・クロモ(アルジュノとスムボドロの結婚)
 スムボドロが出した六つの結婚の条件のうちのひとつ、「婚礼の行列を先導するための百頭の、脚先が白い大きな水牛」を借りる相手としてバタリ・ドゥルゴが登場する。(これには諸説あり、ドゥルゴではなくバトロ・ゴノ=ガネーシャの場合もある)
Wahuyu Cakraningrat ワフユ・チャクラニングラト
 天啓ワフユ・チャクラニングラトの争奪戦においてデウォスラニを援助する。
Semar Nbagung Klampis Ireng スマル、クラムピスイルンを建設する
 スマルが建設した街、クラムピス・イルンを破壊しようとするコラワに協力。スマルの超能力に敗れる。
Semar Maneges スマル瞑想に入る
 スマルが瞑想に入ったすきにパンダワを攻撃するコラワに助勢する。カルノの矢に変身し、アルジュノを打ち負かすが、スマルによって撃退される。
Bambang Manonbawa atau Bambang Manon Manonton
バムバン・マノンボウォ あるいは バムバン・マノン・マノントン
 クレスノに化け、パンダワに害をなそうとしたデウォスラニに加勢するが、スマルに撃退される。
Wisanggeni Lair ウィサングニの誕生
 アルジュノとデウィ・ドゥルソノロの結婚が語られる。この時、トゥングルマラヤの王デウォスラニもまたデウィ・ドゥルソノロとの結婚を望んでいた。
 息子の希望を叶えるため、バタリ・ドゥルゴはバトロ・グルに、デウォスラニがドゥルソノロと結婚できるようにと、そそのかした。バトロ・グルはこれを認め、ドゥルソノロの父、バトロ・ブロモに命じてデウィ・ドゥルソノロとアルジュノを別れさせた。
 妊娠中のデウィ・ドゥルソノロは、バトロ・ブロモによってデウォスラニに引き渡され、トゥングルマラヤへ連れて行かれた。デウィ・ドゥルソノロが出産した時、赤ん坊はチョンドロディムコの火口へ投げ捨てられた。しかし赤ん坊は死なず、その身体は超能力に溢れた武将となった。
 その赤ん坊はバンバン・ウィサングニと名付けられ、彼はデウィ・ドゥルソノロを再びアルジュノの妻とする事を成し遂げた。
Partanadi パルトナディ
 アルジュノに取って代わってティンジョモヨの王になりたいと望んだコロ・イロムボはバタリ・ドゥルゴの手助けを得る。
Baladewa-Balarama ボロデウォ・ボロロモ
 バタリ・ドゥルゴは三人の息子たちをスティヤキに、ブトロ・コロをボロデウォに変身させ、パンダワを混乱に陥らせるが、スマルが解決する。
Merak Mas 黄金の孔雀
 アスティノでブガワン・サブドジャティはパンダワ殺害を請け負う。スマルによってバタリ・ドゥルゴの正体を現す。
Sapu Denda サプ・ドゥンド
 バタリ・ドゥルゴは、ブロジョスクティとしてコラワに加勢する。スマルに敗れて正体を現す。
[PR]
by gatotkaca | 2011-07-16 00:02 | 影絵・ワヤン | Comments(0)