ブログトップ

木から落ちた猿

gatotkaca.exblog.jp

水神祭

 25日は僕の町の水神様のお祭りでした。今年は町内会で4000個用意した参拝者へのお土産お菓子も足らなくなるほどの人出。途中雨もぱらついたのですが、本降りにはならず、参拝客に事故も無く、万事無事に終了。われわれ育成会は、祠のすぐ横でお守り販売を担当しました。毎年、地区に住む大勢の子供達がおとずれ、たのしみにしているお祭りが、今年も無事に終了し、神に感謝。お守りもたくさん売れました。(これで育成会も盛大に慰労会を催せる予定?)夕方からは、お守り販売のテント内で、町の長老集もぐびぐび酔い加減も絶好調でした。地方自治に献身する町内会の面々に敬意と感謝。

 よくよくみると水神の社の奉納者の名が「子供中(こどもじゅう)」となっていた。「若衆」「大人衆」「子供衆」(〜中とも書く)の子供中である。ああ、この水難から人々を守る神は、こどもたちの神であったのかと、妙になっとくしたことであった。
[PR]
by gatotkaca | 2011-06-26 01:46 | こども会 | Comments(0)
<< Beautiful Dreamer ワヤンとは?その5 〈ダラン-4〉 >>